不動産売却に関するQ&A

物件を売却したい。出来るだけ高値で・・・

査定価格自体、絶対的なものではありません。市場動向や現地調査で適正と思われる価格設定をしますが、売主様希望で上乗せすることもよくあります。そして「どうしてもその場所で物件がほしい」というご購入希望者様がいれば、上乗せした価格でも成約することはよくあります。逆に、なかなか引き合いが取れず、指値(値段の交渉)が入ってしまい、査定価格より安く売却を決断していただく場合もあります。まさにケース・バイケースです。ですが、弊社は豊富な人脈を通して、『高値を付ける事』を大切にしておりますので、売主様としっかりと話し合い、ご納得の金額をご提示できるよう鋭意、努力を怠らずに営業活動を行っております。

売却の手続きって面倒臭そう・・・。

売主様しか手に入らない書類や、物件の情報は売主様からご用意していただきますが、面倒な手続きは弊社で行います。  まず売却には3種類の媒介契約というものがございます。媒介契約とは簡単に申しますと「営業の許可証」です。売りに出したからといって必ず売らなければならないという事ではないので、その点はご安心下さい。
3種類の媒介契約(売却依頼を頂き買い手を探す契約)は専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約があります。専属専任媒介契約は依頼する会社1社のみとなりご自身で見つけた購入者でも不動産会社を通さなければなりません。専任媒介契約は依頼する会社は一社のみとなりますが、ご自身で見つけた購入者は不動産会社を通さなくても契約できます。また数社にご依頼が可能な一般媒介契約もございます。 当社に関しましては、お客様に合った契約をご提案させていただいております。

物件の価格ってどの位かな?

どの物件の売主様も、自分の財産を出来るだけ高く売却したいと思われます。しかし、不動産には必ず相場があります。その相場や周辺の売却事例などから、適正な売却価格を決めていくのです。あまり相場より高い価格では、成約になる確立が低くなり、時間がかかることにより売主様自身にストレスや負担がかかってしまうケースも考えられます。ご納得いただける価格での成約を図るためには相場や、需要と供給のバランスなどをよく理解し、当社へ慎重に相談をした上で売却活動をする事をお勧め致します。

無料物件査定

売却の際の費用ってどの位かかるの?

基本的には「仲介手数料(売買金額(税抜き)×3%+6万円に消費税を課税)」、「売買契約書に貼付する収入印紙代(金額により異なります)」があります。その他「登記費用(抵当権の抹消手続き・住所の変更登記がある場合など)」、「測量費用(境界標の設置が必要な場合)」など売主様・物件ごとに各々異なりますので、ご売却依頼時に細かくご説明させていただきます。まずは、担当までお気軽にお問い合わせください。

金額に折り合いが付いてからの流れが分からないから、不安なのですが・・・

弊社営業マンから営業活動の状況、問い合わせ状況などの報告をさせていただいます。その後、ご購入希望者様と価格交渉を行い金額の折り合いが付き次第、価格や引渡し条件の調整を行い、不動産の売買契約を締結します。買主様への引渡し前に引渡しの準備を進めましょう。住宅ローンなどの抵当権がついている場合は、抹消する準備が必要です。 残代金の受領と同時に物件(鍵)の引渡しを行い、売買契約はすべて完了します。もちろん、この間に弊社でできることは行わせていただきますが、売主様でしか出来ない事(抵当権抹消手続きや登記記載事項に変更がある場合や、印鑑証明書のご準備など)は売主様に動いていただきますが、引渡しまでに弊社のほうで出来る事は全て行わせていただきます。お引渡しまで責任をもってご対応させていただきますので、ご安心下さい。

▲ページTOPへ